前へ
次へ
Topへ

TOP

【作例レビュー】CONTAX T3|コンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.051 【作例レビュー】CONTAX T3|コンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.051

【作例レビュー】CONTAX T3|コンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.051

とっておきのフィルムカメラに出会うための連載「#わたしのカメラ 」。

そのカメラやレンズを通して見た世界は、どんなふうに映るのか。
また、フォトグラファーがその機材を選んだ理由とは。

今回はコンタックスのフィルムカメラ「CONTAX T3」とその作例をご紹介します。

Photographer / hikari

日々、ふとした瞬間を逃がさないように 常にカメラを持ち歩きシャッターチャンスを探している。さまざまなカメラで家族やモデル、街のスナップなどを撮りながら写真ライフを楽しんでいる。

Instagram : @_hikari_shot

CONTAX T3の作例

CONTAX T3
CONTAX T3
CONTAX T3
CONTAX T3
CONTAX T3
CONTAX T3
CONTAX T3

わたしがCONTAX T3で撮る理由

カメラとの出会い

私がこのカメラで撮る理由。

CONTAX T3の出会いはかれこれ15年前。

まだカメラで写真を撮りはじめていない頃に、旦那さんがカメラ好きの友達に勧められて買ってきたのがCONTAX T3でした。

CONTAX T3を使い続けたい理由

その頃は家族旅行の時にカメラを持っていき現像、プリントして写真をアルバムに入れていました。

それから15年後フィルムカメラを使うようになり、ふと昔コンパクトカメラが家にあったことを思いだし、CONTAX T3が再登場したのです。

最初はCONTAX T3の魅力も分からず撮っていましたが、あるとき室内で撮ったシャープで高コントラストな描写が好きだと気づき、それからこのカメラの虜になりました。

またCONTAX T3が写しとる写真の立体感も大好きです。

先日友人と訪ねた朝の海と空の青がたまらなく美しく、あらためての描写に惚れ直したところです。

information

CONTAX T3の基本情報

1990年代の高級コンパクトフィルムカメラブームの立役者CONTAX T2の後継機として2001年に発売された高級コンパクトフィルムカメラCONTAX T3。

コンパクトカメラの中でも、優れた操作性と高い性能のレンズを搭載し、プロの間でも愛好家が多い。 実際、写真家:奥山由之さんの愛用カメラの一つがCONTAX T3。

T2から継承されたCarl Zeissレンズは35mm。最短撮影距離は、T2のおよそ半分の0.35m。さらに、最高1/1200秒のシャッター・精度の高いマルチAFが搭載され、撮れる幅が格段に広がり、一眼レフに匹敵するほどの描写力。

ボディは、お馴染みの高級感のあるチタンで、T2よりも一回り小さく小型化。毎日ポケットに忍ばせ、街を歩くのを想像するだけで夢が膨らむ…そんな特別な一台。

幅・高さ・奥行:105.0mm×63.0mm×30.5mm
重量:230g

#わたしのカメラとは?

「作例から選ぶカメラ」そんな連載があったらいい——。写真と歩むライフスタイルを提案するCURBONがお送りする、作例から選ぶフィルムカメラ連載「#わたしのカメラ」です。

このページをシェアする

OTHER ARTICLES

Nikon F3の作例|ニコンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.054

Nikon F3の作例|ニコンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.054

【作例レビュー】CONTAX S2|コンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.053

【作例レビュー】CONTAX S2|コンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.053

【2022年版】フォトグラファーが愛用!Nikon(ニコン)のおすすめフィルムカメラ 8選

【2022年版】フォトグラファーが愛用!Nikon(ニコン)のおすすめフィルムカメラ 8選