前へ
次へ
Topへ

TOP

【47都道府県】次世代を担うフォトグラファーたちの〝写真のマイルール〟|No.2 【47都道府県】次世代を担うフォトグラファーたちの〝写真のマイルール〟|No.2

【47都道府県】次世代を担うフォトグラファーたちの〝写真のマイルール〟|No.2

【47都道府県】次世代を担うフォトグラファーたちの〝写真のマイルール〟|No.2

フォトグラファーの数だけ、写真との向き合い方や撮り方がある。

47都道府県を拠点に活躍するフォトグラファーに「写真のマイルール」を聞きました。

次世代を担うフォトグラファーたちの十人十色の頭の中を覗いて、新しい撮り方や写真との向き合い方を見つけてみませんか?

【目次】47 Photographer My rule

My rule 1 : Photographer / keiko. 『たとえ人が写っていなくても、その時の記憶を記録する。』
My rule 2 : Photographer / Swimmy『1人の物語を写真に写したい。』
My rule 3 : Photographer / Kyuta『撮影時間を楽しい体験にする。』
My rule 4 : Photographer / naoto『今という一瞬を切り撮る。』
My rule 5 : Photographer / kuratti『予習して撮影に臨む。』
My rule 6 : Photographer / yui『離れた距離からそっと写真を撮る。』
My rule 7 : Photographer / Kana 『被写体と対話し、私だから感じ、思えることを探す。』
My rule 8 : Photographer / Kuri 『心惹かれたものを主役に撮る。』

My rule 1 : Photographer / Keiko.『たとえ人が写っていなくても、その時の記憶を記録する。』

Keiko.
Keiko.
Keiko.


見返したときに、その時の想いや交わした言葉、温かい珈琲の香り、空気の湿度や匂いまでもが胸いっぱいに蘇ってくるような写真。

たとえその人が写っていなくても、一緒に過ごした人の笑顔が浮かんでくるような。

私が撮影するのは、そんな、忘れたくない私の記憶です。

人の記憶は不確かで、どんなに大切で忘れたくない出来事も少しずつ曖昧になっていきます。

だから私は

『穏やかな日常や幸せの記憶が消えてしまわないように。』

そんな感情を胸に、これからも大切な記憶をそっとフィルムに写しとっていきたいと思っています。

一枚、一枚、慈しむように。

【九州沖縄地方・熊本県】Photographer / Keiko.

忙しない日常の中で、ほっと一息つきたくなるような「珈琲のある風景」をフィルムにおさめています。これからも、穏やかな日常の中にある小さな幸せを写真に残していきたいと思っています。

Instagram:@keiko.i.photo
Twitter:@keiko_mini32
Note:keiko_i

My rule 2 : Photographer / Swimmy『1人の物語を写真に写したい。』

Swimmy
Swimmy
Swimmy
Swimmy


写真に被写体さんだけを写すために、カメラマン(私)を写真に写さないようにしたいと思って撮影しています。

それは、写真に私が映り込まないようにというだけでなく、「存在自体」が写真に入り込まないようにしたいんです。

例えばまるで、被写体さんが本当に1人旅をしていて、撮影者はそこにはいなくて……というイメージです。

それに加えて、その人がだす表情や雰囲気を切り取って、その被写体さんだけの物語を切り取りたいという思いもあります。

【中部地方・静岡県】Photographer / Swimmy

静岡県の写真映像作家。中判カメラが好きでGFX50RとPENTAX6×7で撮影しています。どことなく切なくて、泡になって消えそうな物語が好きで、そんな雰囲気を感じられるような写真を目指して撮影しています。青と緑が好きです。

Instagram:@327__723
Twitter:@327__723

My rule 3 : Photographer / Kyuta『撮影時間を楽しい体験にする。』

Kyuta
Kyuta
Kyuta


個人的な作品作りでもお仕事の撮影でも共通することとして、「撮影時間を楽しい体験にする」ことを目指しています。

撮影を通してどんな写真が出来上がるか、その「結果」だけでなく、その作品を作り上げる「過程」こそかけがえのないものになってほしいと思います。

【近畿地方・三重県】Photographer / Kyuta

三重県在住の学生フォトグラファー。ポートレートの中でもファッション要素の強い撮影が得意。最近はクリエイティブチーム「BECK」を通じて、カフェの制作・撮影に携わる。

Instagram:@k_ark04
Twitter:@k_ark04

My rule 4 : Photographer / naoto 『今という一瞬を切り撮る。』

Art6d
Art6d
Art6d
Art6d
Art6d


看護師という仕事柄、人の生に関わっており、今という一瞬はかけがえのない時と日々感じています。

写真はその今という一瞬を切り撮ったものであり、人生の物語の一部であると思ってます。

もう戻らない時を思い出として残すことが自分が大切にしていることです。

【関東地方・神奈川県】Photographer / naoto

山梨県甲府市出身。高校3年生の時にカメラを始め、地元山梨の景色を撮影し始める。現在は愛機Leica M10Pを使用し、看護師を本業としながら、主に関東で人、風景を撮影。Curbon photo college 初級1期、4期の講師を担当。

instagram @art6d
Twitter @art_6d

My rule 5 : Photographer / kuratti『予習して撮影に臨む。』

Kurauchi
kuratti
Kurauchi
kuratti
Kurauchi
kuratti


「ねぶた祭り」や「八戸えんぶり」をご存知ですか?

青森を代表する大型の山車や演舞が有名なお祭りです。ただ観るだけではなく、ほんの少しだけ勉強して撮影に臨むようにしています。

祭り本来の目的である無病息災や五穀豊穣を祈る歴史や伝統を知ることで、着目点が多くなり撮影自体をより楽しめます。

風景やポートレートも陽射しや被写体さんとイメージを膨らませるための予習をするだけで全く別な作品になると考えています。

【東北地方・青森県】Photographer / kuratti

青森のロードスター乗りです。 趣味で写真を撮っています。ポートレート多め。青森ねぶた祭の囃子方。写真で青森の良さが伝わると嬉しいです。勝手に青森PR。SONY α7RⅢ SIGMA art フィルム ポートレートアカウント@kuratti_365 #kodak日本一周 青森担当

Instagram:@kuratti365
Twitter:@kuratti365

My rule 6 : Photographer / yui『離れた距離からそっと写真を撮る。』

Yui
Yui
Yui


普段から家族や仲のいい友人を撮る機会が多いのですが、その人だけが持っている雰囲気や、撮っている時の空気感が伝わるような写真を撮りたいな、と思いながら撮影をしています。

自然な表情やふとした時の仕草を撮れると嬉しくなるので、正面から真っ直ぐ撮る写真よりも、横顔や後ろ姿を撮ることや、離れた距離からそっと写真を撮ったりすることが多いです。

あとから写真を見返した時に、撮影した時の情景やその人と話したこと、そして自分が感じたことが手に取るように思い出せるような、温もりのある写真を撮れたらいいな、といつも思っています。

【北海道地方】Photographer / yui

北海道在住。社会人になってから始めたフィルムカメラを主に使用し、地元の美しい四季の風景や、夫と息子、友人達と過ごす愛おしい毎日を緩やかに撮影している。

Instagram:@herisson_12345
Twitter:@herisson_12345

My rule 7 : Photographer / Kana 『被写体と対話し、私だから感じ、思えることを探す。』

Koichi-kana
Koichi-kana
Koichi-kana
Koichi-kana
Koichi-kana


撮影する時には「対話」を大事にしています。

対話する相手はモデルさんだったり、物だったり、自分の心だったり、その時によってさまざまです。

被写体との対話のなかで、自分が何を感じ、何を想いシャッターを切るかが、誰でも手軽に写真を撮れる今の時代に自分だからできること。

どんな感情でシャッターを切ったのか思い出せる写真が撮りたいと日々思っています。

【四国地方・高知県】Photographer / Kana

2000年生まれ 高知県在住、スタジオアシスタントをしながら写真の勉強中。フィルムカメラで高知を撮影しつつ写真の勉強中です。愛機はCONTAX aria。撮影中、自分が喋りすぎていい笑顔を逃すことが多いので冷静に撮れる様になりたいです。

Instagram:@kana_____photo

My rule 8 : Photographer / Kuri 『心惹かれたものを主役に撮る。』

Kuri
Kuri
Kuri


がっちり自分のルールを決めているわけではありませんが、目にとまったものはあとでもっと撮っておけばよかったと後悔しないよう、枚数を気にせず積極的に撮るようにしています。

何に惹かれたのか意識して、惹かれたものが主役になるよう撮らせてもらっています。

【中国地方・島根県】Photographer / Kuri

島根県在住。久莉(くり)といいます。filmとdigitalで花や身近な風景を撮っています。

Instagram:@kuri_ccc303
Twitter:@kuri_sss303

さいごに

「撮るを力に。写真で世界を豊かにする」

このメッセージに、CURBONの理念を込めています。

日々写真と向き合う撮る人のために、今後も全国で活動するフォトグラファーの発掘と紹介をつうじて多様なフォトグラファーの価値観に触れられる場をつくっていきます。

お楽しみに。

このページをシェアする

OTHER ARTICLES

《47SERIES》地域フォトグラファーに聞いた、私がここで撮る理由|No.2

《47SERIES》地域フォトグラファーに聞いた、私がここで撮る理由|No.2

肌を幻想的に映し出してくれるフィルム|Kodak Gold 200×大林直行|120ブローニー|作例

肌を幻想的に映し出してくれるフィルム|Kodak Gold 200×大林直行|120ブローニー|作例

《47SERIES》地域フォトグラファーに聞いた、私がここで撮る理由|No.1

《47SERIES》地域フォトグラファーに聞いた、私がここで撮る理由|No.1