TOP

SPECIAL

2022.02.15

47都道府県の女子高生フォトグラファーが撮る「青春」とは

SPECIAL

2022.02.15

47都道府県の女子高生フォトグラファーが撮る「青春」とは

コロナウイルスの流行により、旅や季節の祭事といった、さまざまな思い出を残す機会が失われつつあります。

そこで今回は、47都道府県の各地方で暮らす女子高生フォトグラファーに、みんなお馴染みのレンズ付きフィルムカメラである“写ルンです”を使って「青春」を撮影してもらいました。

青春の捉え方は十人十色。あなたにとって青春とはどのように映るでしょうか?

今回ご紹介した青春写真を参考に、ぜひ撮影してみてくださいね。

【目次】47 Photographer

【北海道地方・北海道】Photographer / 藍嶋しお 『私の青春は、青白かった。』
【東北地方・青森県】Photographer / 河西蒼良 『青春とは、人と話した時間』
【関東地方・埼玉県】Photographer / ふうか『憧れを抱いて赤いスカーフを纏ったけれど。』
【中部地方・岐阜県】Photographer / あいみ『私の青春、孤独を癒してくれたもの。』
【近畿地方・和歌山県】Photographer / ichi 『青春とは、瞬くような輝き。』
【中国地方・広島県】Photographer / 夜『青春とは、懐かしく、輝かしく思えるもの。』
【四国地方・徳島県】Photographer / Tan『青春は、放課後から陽が沈むまで。』
【九州沖縄地方・鹿児島県】Photographer / 咲『お互いが輝いて見えることが青春。』

【北海道地方・北海道】Photographer / 藍嶋しお『私の青春は、青白かった。』

私の青春は、青白かった。

ただ、血が通っていないようにも見えるそれにも確かにぬるい血は巡っている。

ぼやけた空、七時間目の憂鬱、三階の端の教室で意味のない話をした日、肺が痛いくらいに寒い帰り道。

チカチカするような鮮やかな記憶もあるけど、まだまだ青い私にしか感じられないあの青白い空気感がやはり私の青春とやらを占めている。

【北海道地方・北海道】Photographer / 藍嶋しお

Instagram:@5__shioo
Twitter:@mizutamahowait1

【東北地方・青森県】Photographer / 河西蒼良 『青春とは、人と話した時間』

私にとっての青春とは「人と話した時間」。

ありきたりな答えと思われるかもしれないけれど、人との会話はそのときにしか存在しなくて、物質として存在するわけでもない。

記憶の中にしか残らないからこそ青春だと思うのだ。

【東北地方・青森県】Photographer / 河西蒼良

Instagram:@kasai_sora_
Twitter:@kasai_sora_

【関東地方・埼玉県】Photographer / ふうか『憧れを抱いて赤いスカーフを纏ったけれど。』

「青春」という漠然な憧れを抱いて赤いスカーフを纏ったが、現実は汚い部室にきつい部活。青春映画みたいな生活はなかった。

それに人生百年と言われている中のたった三年間しかない高校生活を邪魔しようと魔物が取り憑いている。今まで普通だったことも許してくれない。

だから日常を大切にしたい。十年後、二十年後になっても、あれは青い青い春だったと思えるように。

【関東地方・埼玉県】Photographer / ふうか

Instagram:@fukaphotos04

【中部地方・岐阜県】Photographer / あいみ『私の青春、孤独を癒してくれたもの。』

把握しきれない感情を抱えて、時には孤独で包まれてしまうこともある危ういもの。

まだ未熟なわたしたちを掬い上げてくれるのは誰だろうか。

それでもこうして生きながらえているのは、心に光を灯し続けていられたからだ。

境目のない緩やかな痛みを、癒してくれたのはあなただった。

【中部地方・岐阜県】Photographer / あいみ

Instagram:@mym_zzz

【近畿地方・和歌山県】Photographer / ichi 『青春とは、瞬くような輝き。』

私の高校三年間は、あっという間に過ぎていった。
当たり前のように過ごした日々も、振り返ってみれば少しだけ特別だったように感じる。

もう戻らない、かけがえのない時間。⁣幼い頃に憧れたアニメの主人公ような高校生活ではないけれど、私の三年間はアニメの主人公に負けないくらい、キラキラしていたかもしれない。

⁣この瞬くような輝きを、私は青春と定義したい。

【近畿地方・和歌山県】Photographer / ichi

Instagram:@photo_ichiii

【中国地方・広島県】Photographer / 夜『青春とは、懐かしく、輝かしく思えるもの。』

私にとって青春とは、何歳になっても思い出しては懐かしく思える、輝かしいものだ。

部活や、恋愛、趣味。なにか一つに縛られるのではなく、そのときはただひたすらに努力していて気づかなかったけれど、振り返るととても楽しかった……

そう思えるようなことこそ青春と言えるのではないだろうか。

【中国地方・広島県】Photographer / 夜

Instagram:@memories._.photo38

【四国地方・徳島県】Photographer / Tan『青春は、放課後から陽が沈むまで。』

私にとっての青春は放課後だ。

学校が終わってから日が沈むまでの時間の外の匂いが好きで、私は放課後になると外で過ごすことが多い。
友だちと散歩したり、コンビニでちょっと高いスイーツを買って「おいしいね」って笑いあったり。
たまにひとりで公園に行って本を読んだり、猫を眺めたり。

ちょっとした“楽しい”で溢れている、増えていくようで減っていく日々を、今日も大切に過ごそうと思う。

【四国地方・徳島県】Photographer / Tan

Instagram:@bull.et____oo

【九州沖縄地方・鹿児島県】Photographer / 咲『お互いが輝いて見えることが青春。』

当たり前のようにかよう学校は、誰かにとって難しいことで、当たり前のように友だちと話すことが、誰かにとっては怖いことかもしれない。

ネガティブな世界から救い出すのは、いつも見守ってくれている人。

手を取り合うことで、暗く見えていたものが明るく見える。

それと同じように“青春”という言葉がそばにいると、なぜか明るく聞こえ、気持ちが楽しくなる。心の底から笑い、周りの人も笑う。

私にとって青春は、希望に満ち溢れ、毎日が輝いて見えることだ。

【九州・沖縄地方・鹿児島県】Photographer / 咲

Instagram:@sape_05

さいごに

まだまだ不安な日々が続きますが、女子高生フォトグラファーたちが撮る「青春」のように、きっとあなたの毎日も輝いているのではないでしょうか。

あなたにとっての光を見つけてみてくださいね。

このページをシェアする

OTHER ARTICLES

写真家が撮る、47都道府県の一度は入りたい美しいサウナ 8選

熱意でつかんだ朝ドラのポスター撮影 写真家・てんてんの生き方 #写真家放談

「僕は『女優顔』で、最高のポートレートを作りたかった」富取正明が見出したポートレートの“存在意義” #写真家放談