とっておきのカメラに出会うための連載「#わたしのカメラ 」。

そのカメラやレンズを通して見た世界は、どんなふうに映るのか。
また、フォトグラファーがその機材を選んだ理由とは。

今回はソニーのカメラ「SONY α7III」とその作例をご紹介します。

PROFILE

 sia.

PROFILE

sia.

四季を感じる写真や月の写真、訪れたカフェの写真などを撮影しています。忘れたくない瞬間や日常のトキメキを忘れないために写真を撮っています。本業が別にあるので、週末に時間をみつけて撮影に出かけています。

instagramのアイコン @siaspica 別のタブで開く twitterのアイコン @siaspica 別のタブで開く

愛用機材

〇使用レンズ名
:CONTAX Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4
:Carl Zeiss Jena Flektogon35mm/f2.4
:Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

わたしがこのカメラで撮る理由

カメラと出会ったきっかけ

‪α‬7Ⅲと出会う前はSONY製のミラーレス一眼であるNEX-5Nと‪、α‬6500を長く使ってきました。ある時「オールドレンズを本来の画角で使ってみたい」と思い、同じくSONY製のフルサイズミラーレスである本機を購入しました。

なぜ使いたくなるのか

比較的小型軽量でオールドレンズの母艦として使いやすいため使っています。

このカメラが自分の作品にもたらした影響

夕暮れ時の暗い時間帯の写真も美しく残せるようになりました。星景写真などにも頼りになる存在です。

どんな特徴や魅力があるか

・同スペックの一眼の中では比較的軽量。
・ファインダーが見やすい。
・シャッター音が心地よい。

描写や使い心地、好きなポイント

透明感のある描写が好みです。レンズやレタッチにもよるのですが、その場に存在するかのような表現をしたい時に使いたいです。

どんな人におすすめしたいか

・好きな写真を撮る方が使っているカメラが‪α‬7Ⅲだったという人。
・ファインダーのあるフルサイズ機で可能な限り小さなものが欲しい方。

information

SONY α7IIIの基本情報


SONY α7IIIは2018年にソニーから発売されたフルサイズミラーレスカメラ。発売から数年たった今日でも、愛用するフォトグラファーが多い傑作です。

黒くシックなデザインは、αシリーズの象徴。握りやすいグリップも満足感が高いです。

性能面も、前機種のα7Ⅱと比べて大幅に向上しました。動体追従性能、AF速度は低輝度時に最大2倍向上と、従来機種の欠点を払拭しています。また、ボディ内手ぶれ補正機能を搭載しているため、オールドレンズを使っても手ぶれの心配が無いのは嬉しいですよね。たくさんレンズを試したい方にお勧めです。

ソニーの人気機種であるこのカメラ、ぜひお手に取ってみてください。

幅・高さ・奥行:126.9㎜×95.6㎜×73.7㎜
重量:650g (本体のみ)