とっておきのカメラに出会うための連載「#わたしのカメラ 」。

そのカメラやレンズを通して見た世界は、どんなふうに映るのか。
また、フォトグラファーがその機材を選んだ理由とは。

今回はニコンのカメラ「Nikon Z f」とその作例をご紹介します。

PROFILE

d

PROFILE

d

高校で渡米し、大学はサンフランシスコの美術大学にて建築学を専攻。日本で就職、現在はアメリカに赴任中。カリフォルニアの日常を撮っています。

twitterのアイコン @dishk15 別のタブで開く
Nikon Zf本体写真

わたしがこのカメラで撮る理由

カメラと出会ったきっかけ

フィルムカメラに近い感覚で使用できるオールドレンズの母艦として購入しました。

なぜ使いたくなるのか

デザイン一択になります。

このカメラが自分の作品にもたらした影響

まだ使い始めて1ヶ月未満ですが、「フィルムカメラのようなデジタルカメラ」は撮影したい気持ちが一層高まるのではと思っています。

どんな特徴や魅力があるか

・圧倒的な「フィルムカメラ」感。
・使うほど馴染んでいく感覚。
・デジタルカメラとして必要十分な基本性能。

描写や使い心地、好きなポイント

カメラを選ぶ上で、私の一番の理想はフィルムカメラの哲学を感じられるデジタルカメラです。

このカメラが生まれてきたストーリーや、そのものの存在感、パーツなどのディテールからその哲学を感じることができるのがZ fです。新品の時から既にオールドな見た目なので、古くならない唯一無二なデザインも好きなポイントです。

どんな人におすすめしたいか

日常を撮る人、アナログ感を大事にする人。また、ライカM型のようにフィルム/デジタル両方使用時に近しいデザインや使用感覚を求める人におすすめです。

information

Nikon Z fの基本情報

Nikon Z fは、2023年10月にニコンより発売されたフルサイズミラーレス一眼レフカメラ。

シャッタースピードやISO感度、露出補正を調整するダイヤルや、真鍮製電源ボタンが並ぶ軍艦部は、往年のフィルムカメラを彷彿とさせる特別なデザイン。

有効約2,450万画素のフルサイズセンサーに最新の画像処理エンジン「EXPEED 7」が搭載されるなど、見た目だけではなく、性能面においても申し分ないこのカメラは手に取った人を魅了する一台。

幅・高さ・奥行:144㎜×103㎜×49㎜
重量:約630g(本体のみ)