前へ
次へ
Topへ

TOP

PENTACON SIX TL|#わたしのカメラ|vol.037 PENTACON SIX TL|#わたしのカメラ|vol.037

PENTACON SIX TL|#わたしのカメラ|vol.037

とっておきのフィルムカメラに出会うための連載「#わたしのカメラ」。

そのカメラやレンズを通して見た世界は、どんなふうに映るのか。
また、フォトグラファーがその機材を選んだ理由とは。

今回は「PENTACON SIX TL」とその作例をご紹介します。

Photographer・fall (@fall

PENTACON SIX TL作例

PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例
PENTACON SIX TLの作例

Camera

PENTACON SIX TL

PENTACON SIX TLの本体

Lens

Carl Zeiss Jena Biometar 80mm F2.8

Photographer

fall

大阪生まれ、京都在住。美しくて懐かしいものを撮っています。
フィルムに光が焼き付くことをイメージしながら瞬間を残していくことが好きです。

instagram:@fall

わたしがこのカメラで撮る理由

雨の撮影をしていた時に雨粒が写るくらい緻密な描写を求め、中判カメラに興味を持ちました。PENTACON SIX TLを選んだ理由は、親しみ深いCarl Zeiss Jenaのレンズを使えることと、シルバーのフォルムが美しかったからです。

Carl Zeiss Jena Biometar 80mm F2.8の優しくて柔らかい描写がとても気に入っています。
開放絞りで撮影することが多いです。

他の中判カメラを使用したことはありませんが、ウエストレベルファインダーから覗くと、より世界が光り輝いて見えます。古く懐かしい映像を見ているような気持ちになります。

使い始めてからまだ日が浅いですが、これから長く大切にしていきたいカメラの一つです。

*腰の高さで構え、上から覗くタイプのファインダーのこと。

information

PENTACON SIX TLの基本情報

PENTACON SIX TLは、1968年に東ドイツで誕生した中判一眼レフカメラ。

1966年の「PENTACON SIX」との違いは、TTLファィンダに対応している点。
中判の中でも珍しい6×6判、つまりスクエア写真を撮れることが特徴です。

ちなみに、PENTACON SIX TLで使用できるのは高い描写力で多くの人々を魅了させているCarl Zeissレンズ。
その中でも、第二次世界大戦後のドイツ東西分裂によって、Carl Zeissも東西で分裂し、その際に設立地イエナ(Jena)のある東ドイツ側で引き継がれ、製造されたものが「Carl Zeiss Jena」です。
このような背景もあり「Carl Zeiss Jena」は、比較的手に取りやすい価格帯のCarl Zeissレンズとしても知られています。
一部「Carl Zeiss Jena」は、 PENTACON SIX マウント(P6)に対応しているため、Carl Zeissレンズをそのまま楽しみたい人には魅力的な一台。

#わたしのカメラとは?

「作例から選ぶカメラ」そんな連載があったらいい——。写真と歩むライフスタイルを提案するCURBONがお送りする、作例から選ぶフィルムカメラ連載「#わたしのカメラ」です。

このページをシェアする

OTHER ARTICLES

PENTAX LX|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.046

PENTAX LX|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.046

Nikon FE2|ニコンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.045 

Nikon FE2|ニコンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.045 

PENTAX 67|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.044

PENTAX 67|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.044