前へ
次へ
Topへ

TOP

Canon A-1|キャノンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.039 Canon A-1|キャノンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.039

Canon A-1|キャノンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.039

とっておきのフィルムカメラに出会うための連載「#わたしのカメラ」。

そのカメラやレンズを通して見た世界は、どんなふうに映るのか。
また、フォトグラファーがその機材を選んだ理由とは。

今回はキャノンのフィルムカメラ「Canon A-1」とその作例をご紹介します。

Photographer・花盛友里 (@yurihanamori

Canon A-1

Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例
Canon A-1の作例

Camera

Canon A-1 × Canon LENS FD 50mm F1.2

Canon A-1のカメラ本体

Film

Lomography Color Negative 400

Photographer

花盛友里 / Yuri Hanamori

大阪府出身。2009年にフォトグラファーとして活動を開始。雑誌や広告を中心に活躍中。2014年に『寝起き女子』、2017年『脱いでみた。』を発表。女の子の「ありのままの姿」を切り取った作品で注目を集める。2020年に『脱いでみた。』シリーズ第2弾となる『NUIDEMITA-脱いでみた。2』を発表するなど作品づくりを続けている。2021年にアンダーウェアブランド「STOCK」を立ち上げるなど、幅広く活躍。二児の母。


instagram @yurihanamori

わたしがこのカメラで撮る理由

学生の頃からずっとcanonのこのシリーズを使っています。
何度も買い替えながらも、長年愛用しているのでもはや家族な気分。
なぜ使っているのか?を考えるのも難しいほどです。
仕事でフィルムで撮りたいと思った時だけでなく、プライベートでも旅先に持っていくこともしばしば。

今使っているものでおそらく3代目。
一眼フィルムカメラのファインダーの中って、他のどれとも比べられないくらい美しいので、覗いてるだけで楽しくなるんですよね。
古いからファインダーの中にちょっと汚れがあるのも可愛いし、シャッター音も可愛い。

写りも優しくて好き。

information

Canon A-1の基本情報

1978年にCanonから発売された、35mmマニュアルフォーカス一眼レフカメラ。
1976年に発売された大ヒット商品「AE-1」に続くモデル。
キャッチフレーズは「SUPER SHOOTER」。

露出モードがシャッタースピード優先AEとマニュアルだけだった「AE-1」に対し、「A-1」ではシャッタースビード優先式/絞り優先式の両優先式TTL・AE、初の完全自動プログラム式AE、絞り込み実絞りAE、そして、スピードライトAEの計5つのAEモードを搭載したのが大きな特徴。

「AE-1」と同時開発のパワーワインダーAの他に、秒間最高5コマのモータードライブMAやストロボAE対応のスピードライトなど、さまざまなアクセサリーが用意されていたことも魅力のひとつ。

今でこそ当たり前となった、自動露出機能を推し進めた名機。
たくさんのカメラを渡り歩いてきた人にも、フィルムカメラデビュー機としてもおすすめしたい一台。

幅・高さ・奥行:141mm×92mm×48mm
重量:620g(ボディ)

#わたしのカメラとは?

「作例から選ぶカメラ」そんな連載があったらいい——。写真と歩むライフスタイルを提案するCURBONがお送りする、作例から選ぶフィルムカメラ連載「#わたしのカメラ」です。

このページをシェアする

OTHER ARTICLES

PENTAX LX|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.046

PENTAX LX|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.046

Nikon FE2|ニコンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.045 

Nikon FE2|ニコンのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.045 

PENTAX 67|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.044

PENTAX 67|ペンタックスのフィルムカメラ|#わたしのカメラ|vol.044